L E D 関 連 研 究 の 取 り 組 み  

 

徳島県のLEDバレイ構想によるLED地域産業集積化が進展していることを背景に、徳島大学では様々なLED関連研究が進行しています。その最大の研究プロジェクトはLEDを用いたライフ産業の創出を目指した大学ならではの基礎研究であり、文部科学省の連携融合事業の支援を受けて、徳島県と連携して実施しています。具体的には以下の 6 テーマについて取り組んでいます。
1. ナノ LED の開発
2. LED パワエレ技術開発
3. UVA-LED を用いた殺菌
4. 抗菌剤と UVA-LED 殺菌相乗効果
5. 睡眠、情動への LED 効果
6. 植物育成への LED 効果
これらの研究の取り組みはLED の生命効果の機構解明とLEDライフ産業の基盤構築からの基礎研究で、全学的な連携のもとで進めています。
 

徳島大学ではその他、LED関連材料研究、LED歯科応用、漁業応用、ディスプレイ、アート等の研究・開発が進められています。これらの研究も今後LED ライフ産業プロジェクトと合流し、より大きい全学的なLED関連プロジェクトとして取り組む予定です。 また、これらの成果を地域企業に活用して頂くための企業-大学コンソーシアムを構築していく予定です。  

徳島大学工学部

〒770-8506 徳島市南常三島2丁目1番地
TEL:088-656-7304
URL:http://www.e.tokushima-u.ac.jp
 

 

 

 「とくしま植物工場推進検討会」
 徳島県では、徳島大学や地域企業・施設園芸農家など
 が参加した「とくしま植物工場推進検討会」を設置し、
 次世代の農業として注目される「植物工場」の低コスト
 化や飛躍的な増産技術などについて検討を進めている。
 その取組みの一つとして、徳島大学において大学キャ
 ンパスに設置したミニ植物工場でレタスなどの試験栽培
 を行っている。光源には LED を活用し、光の波長や強さ、
 培養液濃度を変え植物の生育や成分を高める栽培環境

 について研究を行っている。