「あわ産LED道路照明灯モデル事業」の展開

 

 省電力、長寿命のLEDを道路照明灯に応用することにより、維持管理コストの低減や安全で円滑な通行確保を図るため、LEDバレイ構想の一環として、「あわ産LED道路照明灯モデル事業」を展開しています。

 徳島県内企業が開発した「あわ産」の「LED道路照明灯」及び「LEDトンネル照明灯」の将来の本格的な導入に向けた実証実験を開始しています。

 

❖ 県内初・「あわ産LED道路照明灯」の導入

県内様々な道路条件下にて、道路照明灯としての有効性や信頼性を検証

県管理道路(10路線)で、順次実証実験を実施(照度、光の広がりなど)

特 徴

長寿命(既存の3~5倍)      省電力(既存の3~6割削減)

ランプユニット式による既存灯具の有効利用

設置条件への柔軟な対応(設置高さ・道路幅員、単独・共架など)

 

 電柱共架式   単独柱式 

no5-05羽ノ浦福井線

no5-05羽ノ浦福井線-拡大

 no5-05徳島上那賀線

no5-05徳島上那賀線-拡大 

県道羽ノ浦福井線(阿南市桑野町)  県道徳島上那賀線(勝浦町)
道の駅「ひなの里かつうら」
※開発企業:東西電工(株)(海部郡牟岐町)

 

  

 

❖全国初・供用中の一般道路トンネルへの「あわ産LEDトンネル照明灯」の導入

既設の低圧ナトリウム灯全34基を、あわ産LED灯50基に交換(2011年4月着手予定)

照度や走行時の視認性、施工の効率性等、トンネル照明灯としての有用性や信頼性を検証

 特 徴

長寿命(既設の8倍)            軽量化(既設重量の2分の1)

視認性・施工性の向上・制御性の良さ(調光による省エネ)

 

no5-05トンネル-左 no5-05トンネル-中 no5-05トンネル-右

県管理の既存トンネルを利用した検証状況(2011年1月) 

開発企業:藤崎電機(株)(阿南市)と西日本高速道路エンジニアリング四国(株)との共同

 

 

 

【詳細は】 徳島県道路総局道路整備課 地方道担当
TEL:088-621-2548 FAX:088-621-2867 URL:http://www.pref.tokushima.jp/