メテック北村徳島工場 完成予想図 

 

工事建設予定地 取材風景 

 

 北村 隆幸

代表取締役社長

 

 県営西長峰工業団地に13年ぶりに進出が決定した『メテック北村(株)徳島工場』建設予定地に今回初めてテレビ取材が入りました。
 メテック北村(株)は京都に本社を置くエレクトロニクスをはじめとする表面処理技術のリーディングカンパニーであり、県の目標であったLED関連企業100社集積の「100社目」のメモリアルカンパニーとして昨年9月に県営西長峰工業団地に工場進出が決定しました。
 現在、西長峰工業団地でA区画とB区画を1区画に造成し、約5000  m 2 の新工場を建設中です。3月22日に工事を開始し、7月末竣工予定、9月初めにはサンプル出荷という計画です。
 将来的には工場建屋を2棟建設の予定です。当初は工場建屋1棟(120m ラインを6ライン整備)を建設し、立ち上げ時は3ライン(1棟整備の2分の1)を稼働します。
 県産業立地課は、「今回の立地により地元雇用の場の確保と地域経済の活性化が図れる」と大きな期待を寄せています。
 また今回のTV取材にあたり、メテック北村(株)の 北村 隆幸 代表取締役社長にお話を伺いました。

 

「徳島県は遠いように思っていましたが、実際に車で走ってみると案外近いと感じました。西長峰工業団地の徳島工場へは東京からでも2時間程の距離です。それに、徳島県は土地が安く、リース
で借りられたのが良かったですね。
 また、工場排水を完全にリサイクルする施設は当社でも初めての取り組みです。西長峰工業団地に立地するにあたっての条件でもありました。そのため、当初時間あたり100トンの水が必要と
考えていましたが、実際にはその10分の1か、もっと少ない量になると思います。
 薬品の種類も多く、製品生産以外に設備費もかかるので、使用する薬品についても限定した製造ラインにしようと考えています。また、徳島工場要員として新規採用した社員の研修も現在本社で
実地教育を行なっています。現地採用職員と連携し、量産体制の工場ができるようにしたいと考えています。」

 

 

 

 

社内での撮影風景 

 

メテック北村株式会社
〒601-8133

京都府京都市南区上鳥羽藁田町1番地

TEL:075-661-4900

FAX:075-681-2039

URL:http://www.metek.co.jp