臨時号田崎登副社長インタビュー1.jpg  日亜化学工業(株)田崎副社長インタビュー.JPG LED産業集積構図.JPG

 

 日亜化学工業(株)本社での、田崎 登副社長のインタビュー内容です。

「白色LEDの2010年の世界市場は、現在約8千億円、2015年には約1兆3千億円に拡大すると予想しています。当社の伸びは数量で25パーセントです。現在、LED市場の中心は、液晶のバックライトですが、2020年に向けては照明が中心になってくると思っています。LEDは、言わば無限の市場にも近いのです。徳島県が進めている「LEDバレイ構想」のさらなる発展は、我々自身が「バレイ」の中核企業としてさらに大きくなることだと確信しています。それが足下の産業集積につながると理解しています。徳島県は、LED関連企業が100社集積しましたが、日本は地震列島ですので、関東にある工場が徳島に移ってくるという動きもあります。日亜が世界のリーディングカンパニーとして強くなれば、例えば物流や部品や製造メーカーなど、もっともっといろんな企業の集積が加速されると思っています。 

 

ですから、「ハイ、工業団地ができたから来てください」という誘致の仕方ではなく、中核企業が抜きん出た技術を開発して競争力を持ち、世界シェアを維持・拡大し続けることこそが、LED関連企業が進出を考えるときの大前提になってくると考えています。LEDは、アジアを含め競争が一段と激しくなるのは間違いありません。ですが、単に装置や部品・部材が安いからとか人件費が安いからということで海外に出て行くのはどうかと思います。ここで、図のLED産業集積構図を参照して下さい。LEDバレイ構想として成功させるためには、逆三角形の上部の中間製品、最終製品の企業やソフト面を大きくしていくことが大事だと思いますね。我が社は、LEDの光で世界を照らす企業として、大震災もありましたが、頑張って世界に羽ばたいていこうと思っています。」

 

ショールーム内展示品2.JPG

ショールーム内展示品1.JPG 

増設中の工場.JPG

ショールーム内展示品 増設中の工場

 

 

日亜化学工業株式会社
〒774-0044
徳島県阿南市上中町岡491番地
TEL:0884-22-2311
FAX:0884-21-0148
URL:http://www.nichia.co.jp/jp/about_nichia/