LEDバレイ構想行動計画 平成22年度地球温暖化防止活動環境大臣 技術開発・製品化部門に『日本フネン株式会社』が受賞されました!

2011年6月25日

日本フネン

12月15日(水)にKKRホテル東京で、平成22年度地球温暖化防止活動環境大臣の表彰式が行われました。受賞者26件のうち、技術開発・製品化部門で吉野川市川島町の『日本フネン株式会社』が見事受賞し、代表取締役社長の久米徳男氏が表彰式に出席しました。

この賞は地球温暖化対策を推進するための一環として、毎年地球温暖化防止月間である12月に地球温暖化防止に顕著な功績があった個人又は団体に送られる名誉ある賞です。

『日本フネン株式会社』は、省エネ効果の高い歩行者用信号灯器(電球タイプ)の電球代替LED電球の開発・製品化及び普及拡大による地球温暖化対策への貢献に力を注いできました。

同社は県警察本部、県工業技術センターと共同で、歩行者用信号灯器LED電球を全国に先駆けて開発し、消費電力が白熱電球の10分の1、寿命が従来の約10倍の4万時間使用が可能なので、かなりの省エネにつながります。しかも、本体をそのまま活かしてソケットを含む電球を取り替えるだけで、LED信号機に替えることができるタイプを実用化しました。今後の省エネ、エコ、地球温暖化防止に大いに期待できます。

 

歩行者信号器用LED電球の製品詳細はこちら