平成25年度「光の八十八ヶ所」の認定について

公開日 2014年03月24日

平成25年度「光の八十八ヶ所」の認定について

 

 

  徳島県では、世界有数のLEDメーカーが立地する優位性を活かし、21世紀の光源であるLEDを利用する光(照明)産業の集積を

 基本目標とした「LEDバレイ構想」を推進しています。

 

  この構想のもと、「LEDと言えば徳島!」という地域ブランド化を図るため、LEDを利用した光の名所を「光の八十八ヶ所」

 として認定しており、この度、新たに3ヶ所を「光の八十八ヶ所」に認定しました。

 

  美しい光がまたたくLEDの名所巡りの旅にぜひ出発してみてください。

 

 (写真をクリックすると詳細ページが開きます)

 

ロゴ_KENBANビル.png    
  KENBANビル①   KENBANビル②

 

 

13万個のLEDがビル壁面を様々なパターンで彩ります   「曼荼羅(まんだら)」をテーマとしたイルミネーション
       
ロゴ_阿波しらさぎ大橋.png    
  阿波しらさぎ大橋①   阿波しらさぎ大橋②

 

 

世界的にも珍しい「ケーブルイグレット橋」   一直線に続く幻想的な光が歩道を照らします
       
ロゴ_羽ノ浦公民館.png    
  羽ノ浦公民館①   羽ノ浦公民館②

 

 

県道からは2階にある雪の結晶型オブジェが見えます   1階ロビーには立体オブジェが設置されています

 

 

 

 

LEDすだちくん.jpgLEDVALLEY02web.gif